学生生活

【理系就活】インターンシップは参加するべき?答えはYES!!

学生生活
スポンサーリンク



こんにちは!すぎぴーです♪

今回は,インターンシップに参加するメリットについて紹介したいと思います!

学生さんの間では,

インターンシップに行こうかと思うんだけど
どうしようかなぁ?

という声をちらほら耳にしますが,少しでも迷っているならば絶対に行くべきです!

もちろんインターンシップ選びでは極力人数規模で絞り込まず,大企業と中小・ベンチャー企業をそれぞれ1,2社参加しておくことをお勧めします!

インターンシップに参加すると,以下のようなメリットがあります。

  1. 早いうちにES作成・面接の対策ができる
  2. 会社の雰囲気を実際に体感できる

今回は以上の3つのメリットについて細かくみていきましょう♪

メリット①:早いうちにES作成・面接の対策ができる

メリット①:早いうちにES作成・面接の対策ができる

少なくとも以下の2点をマスターしておくと,書類・面接に通りやすくなります!

  • 学生時代に力を入れたことをノートに控えておく
  • 自分の強みと弱みを把握しておく

学生時代に力を入れたことをノートに控えておく

学生時代に力を入れたこと(通称:ガクチカ)は必ず聞かれるといっても過言ではない項目です。

何故なら,面接官は次のような意図を持ち学生に対する熱意を評価しているからです。

  • 自分の好きなことにどれくらいの熱量を持って取り組んだか
  • 思い通りにならない時にどのように対処したか
  • 自分の頑張ったことストーリー立てて説明できるか

インターンシップは会社にとっての有望株を見つける場でもあるので,数々の困難に立ち向かってきた人とそうでない人がいれば勿論前者を採用したいですよね?

しか20数年も生きてきたわけですから,誰にだって苦しい時期はあった筈!

大会優勝等の輝かしい実績がなくとも,面接官の創造力を掻き立てるようなストーリーを書くとESが目に留まる確率がアップします!

自分の強みと弱みを把握しておく

ESや面接ではあなたの長所だけではなく,必ずと言っていいほど短所についても質問されます!

その理由は次の通りです。

  • 自分のことをどれだけ把握しているかを知りたいから
  • 短所とどのように付き合っているかを知りたいから

人間であるからには,誰にだって短所はつきもの。自分の短所が浮き彫りになったからといって,気に病む必要はありません!

万能な人間を目指すよりも,自分の弱い部分と付き合い方を考えることの方が重要なのです!

私のケースだと「忘れ物をよくしてしまう」という短所を実際に面接でお話しました。

その際「忘れものをしがちな短所はどのようにカバーしていますか?」と聞かれ,以下のように答えたら面接も通るようになりました♪

  • Googleカレンダーを使い,大切な時間を忘れないような仕組みを整える
  • 集中力が高いうちにチェックリストを作る
  • 仲間にダブルチェックを依頼する

繰り返しますが,人間は完璧ではありません!

短所について聞かれたからといって萎縮しながら答えるのは禁物!

短所との付き合い方を考えることの方が社会人生活を生き抜く上で重視されています。

ES作りに着手する前に,友人からのフィードバックには耳を傾けておこう!

メリット②:会社の雰囲気を実際に体感できる

メリット②:会社の雰囲気を実際に体感できる

冒頭でもお話した通り,インターンシップ選びではネームバリューや人数規模を問わず自分が興味ある内容を選ぶことをオススメします!

  • 自分の性格に合った企業規模がわかる
  • 「就活の軸」を早めに確立できるから

自分の性格に合った企業規模がわかるから

実際に大手企業も中小・ベンチャーに行ってみて,それぞれのメリット・デメリットについてまとめてみました♪

大手企業の傾向としては,渡されたスケジュール通りにインターンシップが進行するため,精神衛生上安定して過ごすことができます!(定時帰りも実現できるよ♪)

福利厚生も手厚いため,会社の寮に泊まることができる上に美味しい食事も提供してくれるのでかなり魅力的でした。

電機メーカーS社の寮食。最早貴族の食事。

一方で,細分化された仕事を淡々と行わなければならないため,自分の考えで仕事を進めたいという人には合わないかと思われます…。

中小・ベンチャーのインターンシップでは,専門知識の有無よりも主体性が重視されます。

一人一人の裁量権が大きい分,仕事の進め方を一から考える必要があるため大手企業のインターンシップよりハードになってしまう傾向にあります…。

しかし,プロジェクトをやり遂げた後の達成感は半端ないです!

技術力だけでなく人間的にも一周り成長できるのが中小・ベンチャー企業のインターンシップの魅力でもあるのです!

「就活の軸」を早めに確立できるから

「就活の軸」を早めに確立できるから

実際に大手企業と中小・ベンチャー企業を渡り歩いていくうちに,自分がどんな会社で働くのが幸せなのかの見当がついてくると思います。

私の場合,やりたいことと絶対に避けたいことをそれぞれリストアップし,企業選びをしていました(参考にしてもらえると嬉しいです♪)

やりたいこと
  • 都会で働きたい
  • 立場を問わず提案の通りやすい環境が良い
  • 部署を問わず仲が良い
  • 勉強会を自由に開くことができる
  • できるだけ自分の成果が目に見える会社で働きたい
絶対避けたいこと
  • 年功序列の会社に身を置くこと
    (お給料が貰えたとしても,上司からの理不尽な要求には耐えられない!)
  • 転勤命令に怯えること
    (地方に飛ばされたら死んでしまう!)
  • スーツの着用義務
    (毎日同じような服は着ると創造力が低下しちゃいそう…!)

このように書き出すことで,性格やマッチする社風が浮き彫りになるので企業選びがより一層捗ることは間違いありません!

まとめ:インターン経験は一生もの!

いかがでしたか?

今回はインターンシップに参加するべき理由について解説しました。

  1. 早いうちにES作成・面接の対策ができる
  2. 会社の雰囲気を実際に体感できる

就職活動に向けての対策だけでなく,将来的にどのような企業に身を置いたら幸せになれるかの見当が付くので,人生設計をする上でもインターンシップは参加しておくべきでしょう。

またインターンシップで苦い経験をしたとしても,その経験は一切無駄にはなりません!

「社会に出る前に自分をもっと知ることができた!ラッキーじゃん!」と気持ちを切り替えて,自分の優れているところをもっと磨くようにしてくださいねっ☆

チャレンジしたこと自体に価値がある!

コメント

  1. […] […]

Comment

コメントなし