学生生活

【今の時代を生きるために】学生のうちに手に入れておくべき「情報資産」

学生生活
スポンサーリンク



大学生のうちに身に着けておくべきものって何だろう??

本記事ではその悩みを解決するために,
持っておくべき「情報資産」とその理由を解説します!

私が大学生のうちに持っておくべきと思う「情報資産」は以下の4つです!

❶ブログ

❷論文

❸プログラミングスキル

❹Twitterアカウント

えっ?!全部形のないものじゃん!!
持って多いて意味あるの??

と思われる方も多いと思われます。

しかし自分の思いや作っている物をインターネット上に流すことで,自分の人生を豊かにする財産になります。

誰かの目に留まってバズったり,クラウドファンディングで自分の好きなことに投資してもらえたりと無限大の可能性が広がります!

さて今回は以下の人達に向けて,大学時代に追っておくべき「情報資産」について解説していきます!

\この記事のターゲット/

  • 大学生活をどのように過ごせばいいのかわからない人
  • 人生をより豊かなものにしたい人

ブログ

ブログ

ブログは学生でも手軽に始めることができるため文章を書くのに最適な環境です♪

最初は無料ブログサービス(はてな, Note)で自分の思いを綴ることから始めましょう。

無料サービスはブログデザインを好きにカスタマイズできないという短所がありますが,驚くべき長所が2つあります!

  • コミュニティにが存在する
  • SEOに強い

コミュニティで人と繋がれる

コミュニティで人と繋がれる
パブリックドメインQより引用

私はブログを始めたての時ははてなブログというサービスを利用していました。

ブロググループに参加し,同じコミュニティの人達の記事を参考にしながら記事を執筆することで,先輩ブロガーのFBを貰いやすくなったり外部リンクを張り付けてもらえたりするメリットがあります。

ちなみにはてなブログ内で24時間以内に「はてなブックマーク」を3つしてもらえると,コミュニティ内でプチバズが起こるため効率的にファンを取るに最適な場所です。

SEOに強い

SEOに強い
photoACより引用

SEOってなんぞやぁぁぁぁぁ?!!!

と思われた人も多いため最初に説明しておきます!

SEOというのは(Search Engine Optimization)の頭文字をとった語であり,要は自分が書いた記事の検索順位を決定するアルゴリズムのことを意味します。

だからアルゴリズムって言われても
わからへんちゅうねん!!

SEO対策がされているということは,検索順位も比較的上がりやすいことになり自分の書いた記事が多くの人の目に触れやすくなることを意味しています

えっ!!!無料ブログ最高じゃん!!!!

つまり,SEOの強い場所で発信活動を続けるとより多くの人とネット上で関わることのできるチャンスとなり,インフルエンサーになっていたりとかも夢でありません。

身分を問わず方向性の合った努力を続けていれば,広告収入やアフィリエイト等で生計をたてたりすることもできます!(実際に私の知人もブログで生計を立てています!)

しかし,「サービスを提供してる会社が潰れてしまえば自分のブログも消滅する」というデメリットも存在します。

会社に依存しすぎるのはダメだよ!!!

そうなったときに「ギャー!!!ヒー!!!!」とならないためにも,
複数のサービスを同時進行で利用したり,GitHub等のツールで記事のバックアップを取っく作戦を練ることをお勧めします。

note ――つくる、つながる、とどける。
クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。

論文・本

論文・本
photoACより引用

自分のやった研究を論文にまとめると,次のような良いことが3つあります♪

  • 学会で色々な場所に出向くことができる
  • 自分と同じような研究をしている人と仲良くなれる
  • 日本の科学に爪痕を残すことができる!

研究を頑張ると研究室のお金で色々な場所に行かせてもらえたり
学会のコミュニティの会費を研究室がもってくれたりとメリットがたくさんあります。

他にも,極まれに分厚い専門書が家に送られたりすることもあるので,
自分の研究をブラッシュアップさせたい方は是非学会に行ってみると良いでしょう!

佐渡島で研究発表できるなんて
貴重な経験でしかないじゃん…!!!!

(あとお米とお酒が美味しい・)

さらに論文に名前が載ると,CiNiiという論文のデータベースに自分の名前が永久残るため,日本の科学に爪痕を残したい人にとって有効な手段です!

CiNii Articles - 日本の論文をさがす - 国立情報学研究所

ブログとは違い,次のようなデメリットも存在します。

  • 論文が完成するまでに時間がかかる
  • 論文の審査基準が厳しい

この2つから言えることは,気軽に自分の研究を発信できないという点です。

自分の発信する情報に権威性をもたせるためには,大学教授の指導のもと研究の正しい進め方や論文の書き方をみっちりと学び取る必要があります。

論文が出来上がったとしても,査読という過程を踏む必要があるため審査員に見せられるクオリティの文章を仕上げなければなりません…><

以上のことから,論文を発行すると権威性ある情報発信者になれる反面,発行までに数々の工程を踏まなければならないため,コツコツと努力し続けることのできる人に最適な手段だといえます。

プログラミングスキル

次におススメするのはプログラミングスキルです。

2020年現在でも,エンジニアへの就職・転職が流行っていますが,
人工知能の発展とともにますますエンジニア人材の需要が高まるでしょう。

エンジニアの需要と供給
エミリーエンジニアより引用)

さらに2020年からプログラミングが学習指導要領に導入されたことから,2025年のエンジニア就活の競争はますます激化することでしょう。

今の小学生はこういった論理的思考力を幼いうちからインプットされるので,
大学生という貴重な時間を使ってコツコツ勉強してみてはいかがでしょうか?

このグラフが表す通り,需要はますます増える一方なので
これから先プログラミング学習が無駄になるということは決してありません。

プログラミングの成果物もエンジニア就活での強力な武器になるため,初心者の方はまず「自作サイト」を目標にしてみるのも手だと思います。

自分が作ったサイトはgithubで簡単に公開できるので
今後エンジニアとして働くことを視野にしている人は登録しておきましょう!

GitHub
GitHubはソフトウェア開発のプラットフォームです。GitHubには8000万件以上ものプロジェクトがホスティングされており、2700万人以上のユーザーがプロジェクトを探したり、フォークしたり、コントリビュートしたりしています。

さらにQiitaというサイトで自分の学んだことを発信し,
仲間と一緒に自己研鑽をすることもオススメします!

Qiitaはドメインパワーが強く多くの検索流入も見込める上Twitterと同じようにいいね機能も揃えているため,褒められて伸びるタイプの人はこのサービスも使ってみると良いでしょう!

Twiiterアカウント

Twitterアカウント
Appli-worldより引用

最後に大学生が持っておくべき資産はTwitterアカウント。

ここで一つだけ誤解をしてはいけないのが,他人への価値提供をしていないアカウントはここでの定義に反します。

他人への価値提供をしていないアカウントの特徴は3つ

❶大学・バイト先の愚痴しか発信していない

❷他人への誹謗中傷用に作られている

❸身内ネタでしか盛り上がっていない

これらのアカウントは赤の他人に何の価値も見いだして貰えませんし人生を豊かにすることは決してあり得ません。

反対に.人生をより豊かにするアカウントには以下の3つの特徴があります。

❶ポジティブな言葉をいつも使っている

❷自分が学んだことを日々発信し続けている

❸有名な起業家をフォローしている

ポジティブな言葉を使うと自然と自分の周りにも幸福度の高い人が集まってきます。

私自身,大学院の2年生までは自己肯定感がなく他人の誉め言葉ですら大泣きしてしまうアンデッドモンスターのような性格でした。

しかし日々ブログを発信し学校や会社以外の人と繋がることで,様々な価値観に触れることができる上に今所属している組織が全てではないと思えるようになったのです。

今までは自分のことで精いっぱいの人生でしたが,周りの人からエネルギーを貰う事で自然と他人にギブできるマインドを持つことができました。

さらに,プログラミング学習で躓いたところを共有することで

フォロワーさん
フォロワーさん

自分もすぎちゃんと同じで躓いたから安心してよ!!

という言葉も多くの人から頂けたので、「勉強で躓くのは当たり前。」というマインドも持てるようになりました。

何しろ,楽しみながら勉強をする・他人にギブをしまくる姿勢が身に付いたということも財産です!

まとめ

本記事では学生時代のうちに持っておくべき以下の情報資産を4つ紹介しました!

❶ブログ

❷論文

❸プログラミングスキル

❹Twitterアカウント

最後までお読みいただきありがとうございます!

本記事があなたの学生生活の一助になれば非常に光栄です☆

コメント

Comment

コメントなし