学生生活

大人になる前に是非受けて欲しい!「アルコール感受性遺伝子検査」

学生生活
スポンサーリンク



お酒の強さが簡単にわかるものってないのかな?

こんにちは。杉崎です!

「自分ってお酒に強いの?弱いの?」と考えたことはありませんか?

私は自分のお酒の強さを確かめるために色んな人と飲み比べをしていました。

しかしそんなことをするうちに飲み代と疲れが蓄積しついには肝臓が悲鳴を上げてしまいました。

おそらく自分の限界量を知らなかったが故に歯止めを利かせることを忘れたのが原因かと思われます。

この記事を今読んでいらっしゃる方には,かつての私と同じような目に遭って欲しくありません。

そこで本記事では4つのうち1つでも当てはまる方に向けて
「アルコール感受性遺伝子検査キット」をご紹介します。

\本記事のターゲット/

❶お酒との付き合い方を見直したい人

❷これから社会人・大学生になる方

❸お酒が弱いけど、断るのが苦手な方

❹お酒で失敗したことがある方

この記事で得られることは以下の3つです!

  • 自分の遺伝子を知っておくべき理由
  • アルコール感受性遺伝子検査のメリット
  • アルコール感受性遺伝子検査のデメリット

自分の遺伝子を知っておくべき理由

理由① 遺伝子によりお酒の強さにばらつきがあるから

アルコール分解酵素は2種類あります。

簡単に説明すると,アルコールを分解する酵素アセトアルデヒドを分解する酵素の2タイプに分けられます。

これらがどれくらい分解できるかでお酒の強さが決まります。

また分解する能力は生まれつき決まっており,鍛えようとしても分解能力が跳ね上がることは決してありません。

日本人の肝臓のタイプは9つのタイプに分類されます。

何を分析して、何がわかるの?

遺伝子検査キットではこの2つの尺度をもとに肝臓タイプをグループ分けしています。

左にいくほどアセトアルデヒドを分解するスピードが速いことを意味し,下に行くほどアルコール分解能が高いことを表しています。

このキットの凄いところは,属するグループによりお酒との付き合いのアドバイスが異なるといった点。

個人の体質に合ったアドバイスが返送されるため,実質オーダーメイドの診察を受けられるに等しいです!

豆知識

「日本人=お酒が弱い」というイメージが強いですが,元々日本列島に昔住んでいた人は全員がお酒に強いだったのです

しかし、ある日突然モンゴルでお酒に弱い遺伝子を持つ個体が現れました。

その個体がどんどん子孫を残し,中国,韓国へ下戸遺伝子が伝搬していきました。

そして渡来人が日本に移住するタイミングで下戸遺伝子が一気に拡散し,いつしかお酒に弱い人間が日本の半分を占めるようになったのです。

理由② 分解能を超えて飲むと,身体に負担がかかるから

理由② 分解能を超えて飲むと,身体に負担がかかるから
ぱくたそより引用

アルコールが水に分解されるまでのステップを簡単に説明するとこんな感じです。

アルコールが水に分解されるまでの流れ

❶アルコールがアセトアルデヒドに分解される

❷アセトアルデヒドが酢酸に変わる

❸酢酸が血液中を循環し,二酸化炭素・水に分解される

❹尿として排出

基本的に二つの酵素の流れ作業によりアルコールからアセトアルデヒドを経て酢酸に変換されます。

肝臓を一つの企業だとすると,アルコール分解酵素・アセトアルデヒド分解酵素は分解作業を担う作業員に相当します。

仮に自分の限界量を超えて飲むと,次のような症状が現れます。

  • ALT, ASTの上昇
    ➡ 肝細胞の死滅による疲れ,だるさ

血液検査でよく目にするALT, ASTは肝細胞の細胞に多く含まれている酵素のことで,ダメージを受けた時に血液中に漏れ出た細胞の数を指します。

一般的にALTが30を超えたり吐いたりしてしまうと,
肝臓にブラック企業並みの負担をかけていることになります…!!!

そうならないためにも,自分の体質に合わせてお酒の量を調節することが大切です。

アルコール感受性遺伝子検査のメリット

  • 病院に行く手間がかからない
  • 個人に合った飲酒のアドバイスを貰える

メリット❶ 病院に行く手間がかからない

遺伝子検査ってかなり時間を要するイメージがある…!

そんな心配をする必要は一切ありません

何故なら,遺伝子分析に必要な試料は口の粘膜の細胞だけ!

付属の綿棒の先っぽを口に突っ込み,たったの1分間粘膜を擦ることで超お手軽に細胞を採取することができます!

せんべろnetより引用

そして採取した頬内側の粘膜を試験管で密封し,封筒に入れてポストに投函するだけで検査は終了!

病院の待ち時間に拘束されずとも,乾燥する時間を含めてもたったの16分だけで精密な検査を受けられるのって本当にコスパが良いと思われます!

病院に行かずとも精密検査並に精度の高い検査結果が返ってくる。

メリット❷ 個人に合った飲酒のアドバイスを貰える

メリット❷ お酒との付き合い方のアドバイスを貰える
photoACより引用

この検査キットでは個人の体質に合わせて,お酒との上手な付き合い方かかりやすい病気,さらには栄養の取り方について事細かくアドバイスを貰えます。

ちなみに私の結果は「つい飲みすぎてしまう大酒飲みタイプ」でした。

アルコール感受性遺伝子検査 結果
アルコール感受性遺伝子の結果。予防すべき病気,栄養・予防のアドバイスが細かく書かれている。

確かに日本酒2合くらいならペロリと平らげることはできますが,顔が赤くなりにくいことが仇となり度を超した飲酒をしてしまうことが度々ありました…ww

酒豪遺伝子を持っていても失敗します!/

そこそこ飲めるのは自分にとってもメリットですが,「調子に乗って飲みすぎると肝障害、膵炎、糖尿病にかかるよ!」と書かれていました…。

何事もほどほどに。

書かれていたアドバイスの通り飲酒量は1日2合までにセーブして,週に2回の休肝日を設けることを心がけようと思います。

自分の遺伝子を知ることで,将来の病気のリスクを未然に防ぐことができる。

アルコール感受性遺伝子検査のデメリット

6000円弱と少々割高…

大学生のバイト代では少し手に入りづらい値段かもしれません…!

学生のお財布には少し厳しい。
そのため大学生になる子どものためにお祝いで買うことが多い!

検査結果が届くまで時間がかかる

気が短い人にはあまりオススメできないかも…

まとめ

これから飲み会に参加する機会が多くなる大学生・新社会人など,
自分のお酒の強さを客観的に把握することで先々の健康リスクを把握することができます。

5,267円とまぁまぁ割高ですが,医療機関に出向くコストの削減や二日酔いになったときの損失を考えるとかなりお得な商品だと思います!

少しでも健康リスクを感じている方も,一度受けて見られることをお勧めします!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

Comment

コメントなし